2011年02月12日

10倍データを送れる光通信技術

少し前はADSL、その前はダイヤルアップ、それに比べて光回線は格段に大きなデータを送れるようになりました。
しかしそれでもまだ情報の容量は大きくなってトラフィックは増加してます。
さらに大容量のデータを送れるようにしないといけません。

ということで東北大の研究グループが従来の10倍のデータを送れる光通信技術を開発したそうです。

続きを読む
posted by テック21 at 04:19 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

時速500で飛ぶエアロトレイン

時速500キロで移動し、でもリニアではない交通システム「エアロトレイン」というものがあります。
リニアモーターカーの9分の1のエネルギーで移動が出来ます。
実はリニアモーターカーはエネルギー効率が悪く、燃費で言えば新幹線の3倍なんだそうです。

日経ビジネスで出ていたもので、地面効果という翼と地面の間に出来る空気の圧力で揚力が生まれることを利用して浮上して走る(正確には地面ギリギリを飛ぶ)新交通システムになります。

期待には左右2枚、前後に2箇所の4枚の翼があって、ちょうどF1のレーシングカーのフロントスポイラーのように地面ギリギリに設置してあります。
F1では車体を地面に押し付ける役目ですが、このエアロトレインでは地面効果といって、地面との間に空気が集まることによって翼と地面の間の空気の圧力が高まって揚力を発生します。

続きを読む
posted by テック21 at 20:05 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

Fusion-io、NAND型フラッシュメモリのストレージの性能

SSDとは違いPCI Expressバスに直接接続するフラッシュメモリを使ったストレージの販売を、東京エレクトロンデバイスが開始しました。
NAND型フラッシュメモリのストレージを手掛ける「Fusion-io」と販売代理店契約を締結し、Fusion-ioの高性能ストレージモジュール「ioDrive」の販売を始めたものです。

記録容量は5.12Tバイト、アクセス遅延時間30μsだそう。
すごいですねぇ。
一般的にSATAコントローラからデータをやり取りしているHDD/SSDはアクセス遅延時間ミリ秒レベルで、このioDriveは30μsだから格段に短くなっています。

続きを読む
posted by テック21 at 23:02 | Comment(19) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。